大人ニキビ

大人ニキビ

ここ数年、思春期のニキビより、大人ニキビの方に焦点が当てられています。
それもそのはず、思春期のニキビより大人ニキビで皮膚科に来院する人が多いそうです。
全体的な患者数も、大人ニキビの方が多いということなのでしょう。

 

大人ニキビの特徴は、思春期のニキビと比べてUゾーンというフェイスラインにできる傾向があります。
口のまわりなど、顔の下の方にできることが多いのです。
これは、おでこなどにできやすい思春期のニキビとは真逆ですね。

 

では、どうして大人ニキビができてしまうのでしょうか?
意外なことに、大人ニキビができやすいフェイスラインは、皮脂の分泌が多いのに乾燥しやすいという特徴を持つので、ニキビができてしまいやすいとか。
さらに、フェイスラインはどうしても手で触ってしまう機会も多いので、ニキビに雑菌が付いて悪化しやすいということも挙げられます。
ほおづえを付く癖がある人は気をつけましょう。

 

乾燥を先ほど挙げましたが、洗顔後の保湿が十分でないことも多いので、乾燥が原因のニキビができやすくなるようです。
洗顔後の保湿は顔全体行うようにしましょう。
また、男性でいえば、どうしてもヒゲが生えるので不潔になりやすかったり、ヒゲ剃りをすることで刺激を与えてしまうことから、フェイスラインのニキビが悪化しやすい状態を招きやすいと言えます。
男性の場合は、ヒゲの問題もあるので、なかなか難しい問題のようです。

 

大人ニキビは、さまざまな理由があると言いますが、やはりストレスが多くを占めているようです。
ストレスによる男性ホルモンの活発化で皮脂が過剰に分泌されるので、少しでもストレスを溜めないようにしたいものです。